we serve 共鳴する社会へ。

地球上の動物は、その大半が群れをなして生活します。そして群れの中では、その各々が仲間のために行動します。
人間もまたその一種です。
しかし、他の動物が群れをなし仲間の為に行動するのが「協力して自らの身を守るため」であるのに対して、我々人間は「他人の為に行動することに喜びを感じる」事にその目的が存在します。この本能は、人間にしか備わっていない、大事な資質であるはずですが、高度に発展した社会規範やシステムの中で、時として我々はその「本能」を体の奥深くに眠らせてしまうようです。
ライオンズクラブは言うまでもなく、世界有数の巨大な奉仕団体です。
しかしその実態は、世界の遍く場所に存在する大小無数の単位クラブの結合体でもあります。
本能を眠らせまいとする小さなひとりひとりが、その思いを誰かに共鳴させることにより、きっと世の中は昨日より少しだけ良くなる事を続けていくのだと信じます。

この度、私は尾道瑠璃ライオンズクラブの57代目会長に就任いたしました。
クラブ歴史からは短く小さな一年間ではありますが、こうした社会へと広がる波紋の一つになれればと思います。
一年間、どうぞ宜しくお願いします。

PAGE TOP