「前人樹植え 後人涼を得」

 2022~2023年度尾道瑠璃ライオンズクラブ会長を拝命した青澤忠純と申します。
本年度の会長スローガンを『前人樹を植え後人涼を得』とさせていただきました。
これは、「昔の人が植林をしてくれた恩恵で、後の人がその木の下で涼しく過ごせる」という諺で、
以前の人の業績によって後の人が良い思いをするという事のたとえです。
私ども尾道瑠璃ライオンズクラブのメンバーがこの『前人』となり、後の世の人の役に立つ事業を行う、
奉仕を行うという意味を込めてこのスローガンを掲げさせていただきました。当クラブは来年結成60周年を迎えます。
結成当時から現在に至るまでの約60年間、先輩より脈々と受け継がれてきた伝統や遺風に培われた
イベントや事業も、この2年間のコロナの蔓延によって休止や縮小を余儀なくされてきました。
今年度は、そのコロナ禍よりの脱却を目指し中止中止縮小縮小ではなく、コロナを抑え込みながらイベント・事業を開催するとともに、
受け継がれてきた伝統や遺風をブラシュアップするチャンスととらえ、『前人』となるべく活動していきたいと考えております。
また、会員拡大にも力を注ぎ、マンパワーの増強にも課題として取り組んでいきたいと考えております。
ボランティア・奉仕活動にご興味のある方、誰かの力になりたい方、皆とワイワイ活動されたい方、どうぞお気軽に事務局へお問い合わせください。
私どもと一緒に活動し、あなたも『前人』となりませんか?本年度1年間、なにとぞよろしくお願いいたします。

PAGE TOP